530)【芸能人の病気、けが(2011~2014)まとめ~氷山の一角】

2015年2月 日以降の追加

 

〔第3回原発作業員の長期健康管理等に関する検討会〕

(OurPlanetTV  2015年2月20日)

 

東京電力福島第一原子力発電所の原発作業員の

放射線への被ばくによる健康障害の発生が懸念されることから、

線量管理の方法や、健康管理等の在り方について検討する

「第3回 

東電福島第一原発作業員の長期健康管理等に関する検討会」

(厚生労働省)

を配信。
 
第3回東電福島第一原発作業員の長期健康管理等に関する検討会
日時:2015年2月20日(金)14:00 ~ 16:00
場所:厚生労働省専用第12会議室(東京都千代田区霞が関1-2-2)
 
議題:
1、報告書骨子案提示
2、報告書骨子案の検討

 

~参考~

 

【東電作業員:1295人所在不明&被曝記録データ抹消約2万1千人】

 

o0496050013024526098.jpg

989cf5aa-s.png

62-1.gif

1b21ff.jpg

78zuhyou3.jpg

380PX-~1.PNG

 

〔サクリファイス The Sacrifice- 犠牲者
ー事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実〕

(2003/スイスTV制作)

 

 

 

~作品中の一部の被曝症例~

1986年〔チェルノブイリ原発事故〕
1991年〔事故から5年目〕
吐き気、ぶらぶら歩いたり、気が静まらない状態。
方向感覚が無くなり、急に力が抜ける。

自律神経失調症で、心臓神経症でもある
胃腸の具合も悪化してひどい苦しさ。
昔は腎臓の病気など無かったのに、今は腎臓もダメになった。
脱力感を別としても精神状態も良くなく、何時もイライラ感がある。

まず左の手の感覚が無くなり、次に左腕。次に左の尻。
そして両足が麻痺した。
今はもう歩くこともできない。めまいもする。
しかしそれより厳しいのは足だ。足が歩こうとしてくれないのだ。
自宅では壁伝いに這っている。

 

1999年〔事故から13年目〕
俺はしきりに倒れるようになってしまった。
「車いすを使って下さい」と妻が言った。
それで車いすにした。それだけのことだ。今は車いす生活者だ。

 

2001年〔事故から15年目〕

夫はいつも入退院を繰り返し、
夫の左腕は麻痺し、次は左足も麻痺。
何故か分からないのですが、急に容態が悪化。
夫は6カ月間寝たきりで、その後…
いわば生きながらにして体が崩壊したのです。
肉体組織が全て崩壊し始め
腸骨が見えるほどになりました。
肉が全てそげ落ちて…
背中はペタンコで…骨がむき出しでした。
太ももの関節も手で触れるほどでした。
骨髄が駄目になっていくのに直面して、医者はお手上げでした。
医者もなすすべがなかったのです。

 

~参考~

■東海村JCO臨界事故


 

〔チェルノブイリ~露・A・ヤブロコフ博士・報告(2010年)〕


リクビダートル(事故処理作業者):

「80万人中12万5千人が被曝関連死」(64万人被曝疾患〔重度身体障害者〕)

*闘病or厭世観に伴う自殺者含む。

 

リクィデーター(除染作業員):

「50万人中2万人が被曝関連死」(20万人被曝疾患〔重度身体障害者〕)

*闘病or厭世観に伴う自殺者含む。

 


 

***

 

~フクイチ原発関連・最新報道~

 

〔経産省「組織の問題だ」 汚染水流出問題〕

(日本テレビ系(NNN) 2月26日配信)

福島第一原発の汚染水が海に流れ出ていたことを

東京電力が公表していなかった問題で、

経済産業省は26日、

リスクを改めて総点検するよう東京電力に指示した。

東京電力の担当者は26日、経産省の高木副大臣を訪れ、

地元の住民や国民への配慮が無かったと

データを公表していなかったことを陳謝した。

東京電力・福島第一廃炉推進カンパニープレジデントの

増田尚宏氏

「汚染した雨水が、海に放出されていること、

そのデータが4月以来みなさんに対して

公表していなかったということで、

ご心配をかけて本当に申し訳ございません」

これに対し、

高木副大臣は

「これまで何度もミスを重ねている。組織の問題だ」と

東京電力の体制を批判した上で、

改めて現時点であるリスクを総点検した上で

情報を公開するよう指示した。

 

〔「なぜ黙っていたのか」 汚染雨水流出非公表、漁業者反発〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)

「なぜ黙っていたのか」「漁業者を甘く見ているのか」。

怒りの声が飛んだ。

東京電力福島第1原発2号機の原子炉建屋屋上から

汚染雨水が排水路を通じ港湾外に流出した問題で

東電と国から説明を受けた25日の県漁連組合長会議では、

出席者が東電に対する不信感をあらわにした。

出席者は問題を以前から把握していながら

公表しなかった東電の姿勢を問題視し、

反発を強めた。

東電と国は

第1原発の汚染水対策として、

建屋周辺の井戸「サブドレン」などからくみ上げた地下水を浄化して

海に流す方針で漁業者に理解を求めている。

各漁協の意見集約を進める中で発覚した新たな問題に、

漁業者は反発する。

「なぜ毎月の会議で公表しなかったのか。集約どころではなくなる」。

国と東電から問題発覚の経緯や対策の説明を受けた後、

いわき市漁協の矢吹正一組合長は怒りをぶつけた。

「サブドレンどころではない」。

矢吹組合長の批判は続いた。

相双漁協の佐藤弘行組合長も

「東電と漁業者の信頼関係が崩れた」と述べた。

佐藤組合長は会議後、

「組合員から説明や計画についての再協議の申し入れがあれば、

対応しなければならない」と厳しい口調で語り、

「東電には事故の早期収束へ向け、信頼回復に努めてほしい」

と注文した。

 

 

〔東京電力、認識の甘さ露呈 汚染雨水流出を非公表〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)

東京電力福島第1原発2号機の原子炉建屋屋上にたまった

高濃度の汚染雨水が排水路を通じて港湾外に流出した問題で、

東電が、

排水路の放射性物質濃度の上昇などで流出の可能性を

昨年4月から把握しながら

「汚染水の流入などではなく、

排水路の放射性物質の低減対策をすれば濃度が下がる」

と考え、公表しなかった

ことが25日、分かった。

作業に当たる担当部署間で

海洋流出への問題意識が共有されていなかったことが

背景にあるとみられ、

東電の認識の甘さがあらためて露呈された。

東電によると、

放射性物質が含まれる雨水が港湾外に流出していた

排水路の水の測定では、

雨が降った時などに放射性物質濃度が上昇していたが、

除染などで改善すると考えていた。

その後も測定を続けたが

「汚染水の流入などではない」と判断し、

データを公表していなかった。

〔内堀知事「極めて遺憾」〕 

福島県は25日、緊急の関係部長会議を開き、

内堀雅雄知事が

「県民に不安を与える情報を速やかに公表しなかったことは

極めて遺憾」と強く非難した。

福島県は周辺市町村、専門家とつくる県廃炉安全監視協議会で

27日に福島第1原発に立ち入り調査することを決めた。

 

〔国に「中間貯蔵」搬入容認を伝達 福島県知事と大熊・双葉町長〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)
福島県内の除染で出た汚染土壌などを保管する

中間貯蔵施設をめぐり、

内堀雅雄知事と

建設予定地の大熊町の渡辺利綱町長、双葉町の伊沢史朗町長は

25日、望月義夫環境相、竹下亘復興相と

福島県庁で会談、

施設への搬入を認める方針を伝え、安全協定を結んだ。

両町長は、

政府が「3月11日までに」とする搬入開始時期について

「3月11日は鎮魂の日」として、3月12日以降を要望。

望月氏は、数日中に開始時期を判断する考えを示した。

両町を代表して伊沢町長が

「地権者は最後の墓参りになるかもしれない。

お彼岸にも配慮願いたい」と求めた。

望月氏は会談後、報道陣に

「3月11日までの試験輸送に向け、

保管場の整備に全力で取り組んできたが、

地権者の思いを受け止める必要がある」としたが、

日程は示さなかった。

焦点だった安全協定については、

監視組織の環境安全委員会のメンバーから国を外し、

両町が指名する住民を各2人から各4人に増員すると修正した。

 

〔「営業賠償」打ち切り再検討 避難区域、東電・石崎副社長〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)
東京電力福島第1原発事故に伴う

避難区域の商工業者の営業損害賠償について、

東電福島復興本社代表の石崎芳行副社長は25日、

今年2月末で営業損害賠償を打ち切り、

来年2月末までの減収分などを事情に応じて支払うとした

新しい賠償素案について

「現段階での(新たな賠償制度への)移行は考えていない」と述べ、

打ち切り時期を含めた素案について

再検討していることを明らかにした。

事実上5年で賠償を打ち切るとした素案をめぐっては、

福島県や商工団体などが強く反発し、

東電に素案の見直しや賠償の継続を求めており、

今年2月末での賠償打ち切りは難しいと判断したとみられる。

営業損害賠償は原則として2月末までが対象のため、

東電は素案の再検討結果がまとまるまでの間の

商工業への運転資金支払いなどを盛り込んだ

仮制度の検討も進める。

 


 

〔除染廃棄物を福島・南相馬市の山中に埋設か 環境省が調査〕

(フジテレビ系(FNN) 2月26日配信)

福島・南相馬市で、

福島第1原発事故にともなう除染作業で出た草や木を、

仮置き場に搬入せず、山の中に埋めたとの通報があり、

環境省が調査に乗り出した。
除染作業で出た草や木が埋められていたのは、

避難指示解除準備区域にあたる、南相馬市小高区の山の中。
環境省では、

25日午前、周辺の除染にあたっていた作業員から、

「汚染した木の枝や葉を、土のう袋に入れずに埋設した」

と通報を受け、調査に乗り出し、除染廃棄物を発見した。
環境省では、

ほかにも複数の場所で、

除染廃棄物が埋められた可能性がある

とみていて、刑事告訴を検討している。

 

 

〔福島・南相馬市・小高区で下請け業者が「除染廃棄物」不法投棄か〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)
東京電力福島第1原発事故に伴う避難区域の南相馬市小高区で行われた国の除染で、

下請け業者の作業員が除染で出た木の枝など廃棄物の一部を、

複数カ所の地面に埋めていたことが25日、環境省の調査で分かった。

同省は、この下請け業者が組織的に不法に投棄していた可能性があるとみている。

同省によると同日、下請け業者の作業員が、

昨年12月から今年1月の除染で木の枝や枯れ葉をそのまま地面に埋めたと

元請け業者に連絡した。

元請け業者から連絡を受けた同省が現地を掘り起こしたところ、

枝などが確認された。

現場の状況から穴は重機で掘ったとみられ、複数人が関わっている疑いがある。

 

 

〔原発賠償詐欺の疑いで45歳男逮捕 避難区域居住と偽る〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)
相馬署は県警組織犯罪対策課の応援を受け、

26日午前8時50分ごろ、

詐欺の疑いで福島市、自営業横山幸次容疑者(45)を逮捕した。

逮捕容疑は、

東京電力福島第1原発事故発生当時、

避難区域に居住したり、仕事に就いていた事実が

ないのにもかかわらず、

居住していたなどと偽り同社に賠償請求し、

総額約420万円をだまし取った疑い。

 

 


 

 

 

***

 

~その他・関連報道~

 

 TKY201109270722.jpg

 223.jpg

map_450_02.jpg

〔「介護職確保策」拡大 福島県の就職フェア、中部・近畿も範囲〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)
福島県は新年度、職員不足が深刻な

浜通り地方の

介護施設に県外から人材を呼び込むため、

就職フェアや現地見学ツアーの実施範囲を

中部地方や近畿地方まで広げ、広域的な介護人材の確保を目指す。

25日の2月定例県議会で、

共産党の宮本しづえ議員(福島市)の代表質問に

鈴木淳一保健福祉部長が答えた。

介護人材不足の解消を図るため、

福島県は本年度、東京と仙台市で計3回の就職フェアを開催、

浜通りの介護現場を見学するバスツアーも企画した。

就職フェアには約1000人、バスツアーには3日間で約40人が参加し、

福島県の介護の状況に理解を深めた。

新年度は、この二つの事業の活動範囲を拡大させ、

より多くの学生らの参加を図る。

相双の介護施設で

一定期間以上勤務することを返還免除条件とした

奨学金の貸出制度や住居情報の提供など

福島県独自の支援策についても広く周知する。

〔“特産果物”商品作り活発 JA伊達みらいが魅力を発信へ〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)

果樹産地の県北地方で

特産のモモや柿を使ったオリジナル商品の開発が活発化している。

JA伊達みらいは炭酸水やあめ、カレーなど

4種を新たに開発し販売に乗り出す。

「献上桃の里」をうたう桑折町では、

同町商工会がモモの実を包んだ大福を考案した。

加工商品は季節に限らず販売でき、

農産物自体のPRにもつながることから地元の期待も高まる。

原発事故による風評払拭(ふっしょく)にも一役買いそうだ。

JA伊達みらいは25日、4種の新商品を発表。

このうち、26日から販売を始めるのは3種。

福島県内で生産されるモモ約3万トンに対し

わずか15トンしか生産されないという貴重なモモ「黄金桃」の

果汁を使用した

炭酸水「黄金桃のサイダー」(200ミリリットル、100円)と、

モモと会津山塩を使った「伊達蜜桃塩飴」(280円)、

特産「あんぽ柿」の原料となる蜂屋柿と

沖縄黒糖の「伊達蜂屋柿の黒飴」(同)。

あめは手作りで、1袋に約20個入り。価格はいずれも税込み。

水の代わりにモモとリンゴ、柿の果汁を使って煮込んだ

レトルトカレー「果樹産地のフルーツカレー」は4月に発売する予定。


〔英・ウィリアム王子、26日から初来日 五輪会場や被災地訪問へ〕

(フジテレビ系(FNN) 2月26日配信)

イギリスのウィリアム王子が、26日から、初めて日本を訪問する。

3月1日までの滞在中、

東京オリンピック・パラリンピックの競技会場の予定地を視察したり、

福島・宮城両県の被災地を訪れる予定。
ウィリアム王子は、午後、日本に到着する予定で、

東京都の舛添知事とともに、東京オリンピックの競技会場の予定地を視察する。

また、戦時中に日本で亡くなったイギリス連邦の戦死者が眠る墓地で、献花をする予定。

さらに、東日本大震災から、まもなく4年がたつ被災地を訪れる予定で、

福島県では、安倍首相との行事も調整されている。

ウィリアム王子の母・ダイアナ元皇太子妃も、

1986年に訪日し、その人気の高さから、「ダイアナ・フィーバー」と呼ばれた。

 

 

***

 

~再生可能エネルギー/少子高齢化/貧困問題 等~

 

〔福島・南相馬市で住民出資「太陽光発電」起工 収入は地域振興に〕

(2015年2月26日 福島民友ニュース)
東京電力福島第1原発事故で避難指示が続く南相馬市小高区の住民が

中心となり設立した「金谷村守りソーラー」(佐藤修一代表)は25日、

小高区金谷の農地で太陽光発電所(出力1350キロワット)の起工式を行った。

約7500枚の太陽光パネルを設置し、3月から順次発電を始める予定。

同社は小高区から相馬市に避難する佐藤代表ら地元有志15人が

出資して1月に設立した。

年間発電量は一般家庭400世帯分に相当するという。

東北電力に売電し年間約2200万円の収入を見込んでおり、

小高区に設ける観光交流施設の建設費や転作作物の栽培費用に充てるという。

観光交流施設には

震災前後の小高区や

再生可能エネルギー推進の取り組みを紹介するパネルを並べる。

 

〔“異物混入”が追い打ち 外食産業で売上激減に〕

(テレビ朝日系(ANN) 2月25日配信)

異物混入問題が、低迷する外食産業の売り上げに追い打ちをかけています。

外食産業のうち、ファストフードの1月の売上高は、

日本マクドナルドの異物混入問題が影響し、

前の年の同じ月に比べて11.3%のマイナスと記録的な減少になりました。

一方で、ファミリーレストランは、「ちょい高戦略」で3%のプラスとなりました。

気軽に贅沢(ぜいたく)をしたいというニーズが高まり、

高単価メニューが好調だということです。

 

 

***

 

2月  日以降~

532)【芸能人の病気、けが(2011~2014)まとめ~氷山の一角】*保留

 

2月( 日~)

 

 

~その他~

〔罹病〕

〔2014〕

 

          〔ヨーロッパにおける科学及び環境政策の委員会〕
       ~報告書:「2013年以後の汚染の広がりにおける福島の新たな考察」
20466.jpg20140319223627ba6.jpg

〔北海道・当麻町・JR北海道「踏切に車が入ってきて…」 列車が衝突〕

(テレビ朝日系(ANN) 2月26日配信)

26日午前、北海道当麻町にあるJRの踏切で、

乗用車と列車が衝突し、男性1人が意識不明の重体です。

午前10時前、当麻町のJR石北線の伊香牛駅近くの踏切で、

普通列車と乗用車が衝突しました。

この事故で、乗用車を運転していた近くに住む菅野利秋さん(67)が

全身を強く打って意識不明の重体です。

列車に乗っていた3人の乗客と運転士にけがはありませんでした。

警察によりますと、運転士は「踏切に車が入ってきて、

急ブレーキを掛けたが間に合わなかった」と話しているということです。

この事故の影響で、石北線の一部の列車に運休と遅れが出ています。

 

〔北海道・札幌市・中央区で乗用車がタクシーに衝突、2人けが 男を逮捕〕

(フジテレビ系(FNN) 2月26日配信)

北海道・札幌市で25日未明、乗用車がタクシーに衝突し、

2人がけがをするひき逃げ事件があった。
その衝突の瞬間の映像を、FNNが入手した。
激しい衝突音とともに、反対側のドアまで吹き飛ばされる乗客。
これは、衝突の瞬間をとらえたドライブレコーダーの映像。
事件があったのは、札幌市中央区北1条西14丁目の交差点で、

25日午前0時半ごろ、赤信号を無視して交差点に進入してきた乗用車が、

タクシーに衝突し、そのまま逃げた。
タクシーの乗客の男性と運転手は、首などに軽いけがをした。
逃げた車は、黒っぽい乗用車で、

現場には車体の一部が残されており、警察は、ひき逃げ事件として捜査している。

〔次男が母親殺害か、自ら通報後に舌をかむ 福岡・北九州市〕

(TBS系(JNN) 2月26日配信)

26日午前、福岡県北九州市の民家で58歳の女性が倒れているのが見つかり、

その後、死亡しました。

20代の次男が「母を殺した」と通報後、自殺を図っていて、

警察は回復を待って事情を聴く方針です。

26日午前7時40分ごろ、

北九州市小倉南区に住む男から「母を絞め殺した」と110番通報がありました。

警察官が駆けつけたところこの家に住む福吉公子さん(58)が

室内で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

通報してきた20代の次男は、舌をかんでいて、現在、病院で手当てを受けています。

この家では、親子2人で暮らしていました。

警察は、次男が母親を殺害した後、自殺を図ったとみて、

次男の回復を待って事情を聴く方針です。

 

〔婦女暴行未遂の疑いで少年逮捕 同様の事件5件相次ぐ 東京・江戸川区〕

(フジテレビ系(FNN) 2月26日配信)

東京・江戸川区で、若い女性を公園で暴行したうえ、

下腹部を刃物で切りつける事件が相次いでいて、警視庁は、15歳の少年を逮捕した。

婦女暴行未遂の疑いで逮捕されたのは、

江戸川区内に住む15歳の少年で、2月9日、区内の路上で、

帰宅途中の女性に道を聞くふりをして近づき、ナイフのような刃物で脅して、

公園に連れ込んだうえ、暴行しようとした疑いが持たれている。

調べに対し、少年は「自分より年上の女性に興味があった」と容疑を認めている。

同じ公園では、2月19日にも、女性が暴行され、

下腹部を刃物で切りつけられる事件が起きるなど、

同じ手口の事件が、少なくとも5件相次いでいて、

警視庁は、少年の余罪についても調べている。

 

〔公園で刃物見せ、小4女児の腕つかむ 33歳男を逮捕 兵庫・姫路市〕

(テレビ朝日系(ANN) 2月26日配信)

逮捕された男の自宅からは刃物が押収されました。

岩本正義容疑者(33)は今月8日、兵庫県姫路市の公園で

小学4年の女の子に刃物のようなものを見せ、逃げようとして

転んだ女の子の腕をつかんだ疑いが持たれています。

岩本容疑者が駆け付けたパトカーの音に気付いて逃げたため、

女の子にけがはありませんでした。

警察の取り調べに対し、

岩本容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

自宅からは犯行に使われたとみられる刃物が押収されています。

 

〔郵便局で数百万円奪われる強盗事件 静岡・富士市〕

(日本テレビ系(NNN)  2月26日配信)

26日午後、静岡県富士市の郵便局で、現金数百万円が奪われる強盗事件があった。

26日午後0時20分頃、富士市の富士水戸島郵便局に男が押し入り、

女性客に刃物を突き付け職員に金を要求した。

男は、男性局長が差し出した現金数百万円をショルダーバッグに入れて逃走したという。

局内には当時、職員3人と男女2人の客がいたが、ケガ人はいなかった。

逃げた男は20代ぐらいで身長170センチほどの中肉、

黒か紺色のショルダーバッグを持っていたという。

警察で、強盗事件として男の行方を捜査している。

この郵便局では、2008年3月にも現金500万円が奪われる強盗事件が起きている。

 



〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕

〔2011〕以前(参考)

 

~その他~

〔国外脱出or西日本移住〕等

 

 

 

~動植物等関連~

〔病死&罹病〕

〔2014〕

〔東京・江戸川区・葛西臨海水族園マグロ大量死、新たに1匹死ぬ 残り2匹に〕

(フジテレビ系(FNN) 2月25日配信)

東京・江戸川区の葛西臨海水族園で、水槽内のマグロが相次いで死んでいる問題で、

新たにマグロ1匹が死に、残り2匹となった。
東京都によると、25日午前9時ごろ、

葛西臨海水族園の担当者がクロマグロ1匹が死んでいるのを見つけた。
これにより、水槽内のマグロは、2匹となった。
水族園には、およそ160匹のマグロがいたが、

2014年12月から相次いで死んでいる。
原因はまだわかっていない。

 


〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕


 

20120218040820.jpg

20120710173652.jpg