ハーバードビジネスレビューで21世紀に最もセクシーな職種に輝いた、データアナリストとは、いったいどんな仕事なのでしょうか? 学生時代に自然言語処理や人工知能といった情報工学系の学問を学ばれていた方、

数学系でいえば統計学や確率論、機械学習の領域を学んだことがある方にとっては、学校で培った専門知識が大いに活かせる仕事だと思います。

データアナリストとは企業や団体などからの依頼に基づき、市場動向に表れる数字を読み解いて、マーケティングや経営のアドバイスを行う仕事です 各種データの相関関係やパターンを情報として発見するのが主な仕事です。 Webサイトの増加に伴って、世の中の動向を数値化できるデータアナリストの脳力が市場で求められているのです。 データマイニングの分析結果をもとに、企画の立案が出来れば幅広い現場で活躍ができます。サーバのセットアップやチューニング、プログラム開発経験がある方にとっても親和性が高い仕事だと思います。

またオラクルやSQL等のデータベースやデータマイニングの知識や資格を持ち、テキストマイニングといった専用ソフトなどを使いこなせるとさらに有利になりますので、

早いうちに体系だった知識や資格を身に付ける努力をしておいた方が良いと思います。

 

<就職する会社の種類1>

コンサルティングファーム、データアナリスト専門部隊を擁する企業、

広告代理店、マーケティング会社など

<そこでの役割>

企業の抱える課題に対して解決するための仮説を立て、大量データをマイニングし具体的な解決案を提案するのが主な役割です。

経営層に近いところで提案する戦略コンサルタントとは違い、より現場に近いところで超具体的、技術的な方針を示すのです。

<必要なスキル>

分析力、論理的思考力、仮説力、統計に関する手法や知識、マーケティング知識、SQLRなどのIT技術と知識

<志向性>

あらゆる事象に対して常に「なぜ?」と疑問に思う、知的好奇心が旺盛なタイプ。 物事の因果関係を、果から因へと考えを巡らすことができる性格が向いています。

スキルセットと言うよりも、マインドセットの方をより重要視される仕事なのです。

 

<就職する会社の種類2>

ソーシャルゲームプラットフォーマー、Webポータルサイト運営会社、

自社メディア運営会社など

<そこでの役割>

データマイニングや機械学習を行った結果をもとに、ユーザーの行動特性など一定の規則性を見出し、提供サービスの品質向上に努める。

<必要なスキル>

HadoopMapReduceMahoutJavaR、統計解析、時系列解析、

データマイニング、機械学習、自然言語処理など

<志向性>

一見バラバラに見える大量データ(カオス)から規則性を見いだすという、難解なパズルを解くような業務に夢中になるタイプで、あまり表には出ない影の立役者的な存在。

マーケティングに精通した人や、より高度な統計モデル構築を得意とする人など、

データアナリストによって得意とする分野はさまざまに別れます。

その中でも、最近ではIT技術的な素養の高い人が優位になって来ております。

普段の業務で、データアナリストが手作業でやっていることをシステムで実装出来ればエンジニアとしての経験を大いに活かすことが出来るからです。 

どの分野を自身の強みとして持つにしても、技術的なバックグラウンドはデータアナリストとしての付加価値を高めてくれるのです。

これからデータアナリストになりたいと考えている未経験者が、この世界に入る為に必要な事は、1)複合的なデータ分析力、2)翻訳力です。


1)複合的なデータ分析力に関しては、ECサイトの購入者の特性を調べる際などには、サイト内の行動履歴や購買結果、単価など、無数にデータが出てきます。 その中で、お客さまの課題解決につながりそうなデータだけを抽出して分析する。

しっかり仮説を立てた上で、手元にあるデータを最適な形で活用する力は、 大量データ時代にはとても重要な力だと思います。

 

2)翻訳力というのは、データ分析を行う上でシステム部門とマーケティング部門の両方と話をしなければいけない時に重要になります。

「システム部門の話を噛み砕いてマーケティング部門に分かりやすく伝える」翻訳的つなぎ役(ブリッジング)ができなければ、必要な情報を収集できなかったり、作業時間を大きく無駄にしてしまうからです。

 

データアナリストを必要とする市場はWeb業界から製造業などの他業界へ向け、 今後さらに急速に広がって来ていますので、今後とも有望な職種だと思います