いまやインターネットの辞書として、あらゆる単語の解説が記載されているWikipedia(ウィキペディア)。見たことがあるという人もいると思いますが、投稿(記事の作成や更新)をしたことがあるという人はそれほど多くないのかもしれません。

 

今回は、そのWikipediaの記事の作成や更新の方法を解説していきます。

 

最初に何をすればいい?

まずはアカウント(利用者ID)を取得します。

 

実はアカウントが無くても記事の投稿をすることは可能です。ただ、アカウントが無い(正確にはログオンしていない)状態で投稿作業を行ってしまうと、自身のPCに割り当てられているIPアドレスが履歴に記録されて公開されてしまいます。

(確かグローバルIPが記録されるだけだと思いますが、記憶が曖昧です)

 

Wikipediaでは「いつ、誰が、どのような内容を投稿したのか」を各記事の履歴ページに記録していき、その記録ページは誰でも見れるようになっています。個人を特定されないレベルでアカウント名(利用者名)を決めてアカウントを取得しておくのがいいでしょう。

 

アカウントの取得方法(まずは簡単な流れを)

以下のような流れで簡単にアカウントを取得することができます。

 

 (1)「メールを受信できるメールアドレス」を用意しておく。

 (2)Wikipedia(日本語版)トップページを開く。

 (3)ページ右上の「アカウント作成」をクリック。

 (4)利用者名とパスワードとメールアドレスを記入して「作成」ボタンを押す。

 (5)「ログイン成功」ページが開いたことを確認。

 (6)記入したメールアドレス宛にメールが届くので開く。

 (7)メールの文面に記載されているURLをクリックする。

 (8)「メールアドレスは確認されました」ページが開いたことを確認。

 

これだけです。しかも、メールアドレスを用いた機能を一切使用しないのであればメールアドレスの登録すら不要で、手順(1)(6)(7)(8)を省くことも可能です。

 

アカウントの取得方法(詳細と注意点)

先ほどの簡単な流れに沿えば作成できますが、お時間がある方は以下の詳細も読んでいただいた上で登録していただくとより正確にアカウントを作成できると思います。

 

(1)「メールを受信できるメールアドレス」を用意しておく。

利用者同士のメール送受信、パスワードを忘れたときの再発行、他にもメールを利用した機能を用いる場合に使用するメールアドレスです。

Yahoo!のユーザーIDに割り当てられるメールアドレスを用いることも可能で、その際は利用できる状態(確か2ヶ月ほど使用しないと一時停止状態になるので解除する必要あり)にしておきます。

 

(2)Wikipedia(日本語版)トップページを開く。

Yahoo!やGoogleで「Wikipedia」と検索してもたどり着くことができます。URLに「ja」が入っているものが日本語版です。

 

(3)ページ右上の「アカウント作成」をクリック。

 

(4)利用者名とパスワードとメールアドレスを記入して「作成」ボタンを押す。

「アカウント作成」画面で情報を入力していきます。

パスワードは好きなものをここで設定し、今後はそのパスワードを利用することになります。また、利用者名を英字で設定する場合の注意点として「自動で大文字になる」という謎の変換がされますので気をつけましょう。

(利用者名に seshi3333 と入力しても、Seshi3333 としてアカウントが取得されます)01

(5)「ログイン成功」ページが開いたことを確認。

この時点ですでにログオン状態になっています。画面上の中央から右端にかけて「ログオンしたユーザーだけが使える機能」が列挙されており、クリックすることで各機能のページに飛ぶことができます。 02

(6)記入したメールアドレス宛にメールが届くので開く。

 

(7)メールの文面に記載されているURLをクリックする。 03

(8)「メールアドレスは確認されました」ページが開いたことを確認。

先ほどの手順(7)のURLをクリックするとこの画面が開きます。 04

これでアカウントの登録は完了です。

今後は利用者名とパスワードを入力することでログオンすることができます。

 

ID取得編の説明は以上です

ここまでは「説明を読まなくても簡単だよ」と言う人も多いと思います。

ただ、ここから先の設定や記事の投稿について苦手意識や「面倒くさそう」という意識を持つ人が多いのかと推測します。実際はそれほど難しくないため、まずは利用してみてコツを掴んでいくのが良いと思います。

 

以上です。 

 

Wikipediaに単語を投稿
第1回 ID取得編 第2回 個人設定編 第3回 初回投稿編 .
第4回 お手本記事編A 第5回 お手本記事編B