証人尋問は、第三者が事件の事実関係について客観的立場から証言する手続をいい、文書では証明できない事実に関する証拠として重要な意味を持ちます。

本人尋問は、訴訟当事者(主に原告)が事件の事実関係について主観的立場から証言する手続をいいますが、多くの場合従来の主張の繰返しに陥り易く、まともな弁護士が付いていれば不要な手続きです。


大抵、弁護士を付けず提訴した場合に裁判所が原告の主張を再確認したり、とても勝ち目のない訴訟で弁護士が依頼者のガス抜きをする目的で行われます。